クーラーの電気代は除湿と冷房どちらが安い?節約方法と最適な温度設定をご紹介!

夏になると「クーラーを一日中つけっぱなし!」という人もいるかと思いますが、クーラーの電気代は夏の家計を圧迫しますよね? だからと言って、クーラーを使用せずに我慢をして、体調不良になったり熱中症になってしまっては意味がありません^^;

できれば、クーラーの電気代を抑えながら効果的に使用したいですよね?

そこで今回は、暑い夏に必要不可欠なクーラーの「電気代の節約方法!除湿と冷房どちらが安くなるか?最適な温度設定」等についてご紹介します!クーラーを効率よく使用して、蒸し暑い夏を快適に過ごせるようにしましょう!

スポンサーリンク

クーラーの電気代が高くなる使い方とは?

クーラーの電気代の節約方法をご紹介する前に、電気代が高くなってしまう使い方をご紹介します!以下の方法で使っている場合は、今直ぐやめましょう!

こまめな電源のオンとオフは逆効果!

クーラーは「室温を下げて設定温度になる迄の間」が一番電気代がかかります

設定温度になったからと言ってエアコンの電源をオフにしてしまうと、次にエアコンをつけた時に、再度設定温度を下げなければならず、その分電気代がかかってしまいます。。。

私も以前は、室温が下がると、そのままエアコンの電源をつけっぱなしにしていると電気代が勿体無いのでは?と思って、電源を切っていました^^; ついついしてしまいがちな行動だと思いますので注意しましょう!

最初から「弱運転」は効率的ではない!

クーラーを最初から弱運転にすると、設定温度まで室温を下げるのに長く時間がかかってしまい、その分電気代がかかってしまいます。

クーラーの電気代の節約方法とは?

では、クーラーの電気代を節約するにはどんな方法があるのでしょうか?いくつかご紹介しますので、是非参考にして下さい!

クーラーの電気代は除湿と冷房どちらが安い?

クーラーの除湿と冷房、どちらを使った方が電気代が安くなるのか?私も以前ははっきりと知りませんでした^^;

クーラーの除湿には以下の2種類があって、一方は冷房よりも電気代が安くなりますが、もう一方は冷房よりも電気代が高くなってしまいます。

  • 「弱冷房除湿」・・・冷房よりも電気代が安くなる
  • 「再熱除湿」・・・冷房よりも電気代が高くなる

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」、あまり聞き覚えがない名前ですが、夫々の違いは何なのでしょうか?

弱冷房除湿

弱冷房除湿は、「室内温度を下げながら除湿をする」タイプで、部屋が涼しくなりながらも電気代も安くなります。古いエアコンの場合は、弱冷房除湿を搭載している場合が多いようです。

再熱除湿

再熱除湿とは、「室内温度を下げずに除湿をする」タイプで、以下のような除湿の工程になっています。

  1. エアコンが室内の空気を取り込む
  2. 取り込んだ空気を冷やして空気中の「水分」を取り除く
  3. 水分を取り除くために冷やされた空気を温め直してから室内に戻す

上記1~3の工程中、工程3.「冷やされた空気を温め直す」分、電気代が高くなってしまうんですね。

では、再熱除湿にメリットはあるのでしょうか?

再熱除湿のメリットとは?

先程説明した様に、再熱除湿は「室内温度を下げずに湿度のみ下げる」のが特徴ですので、梅雨のジメジメした時期には有効ですし、冷え性等で低い温度が苦手な人は、温度を維持してくれる再熱除湿の方が、快適に過ごしやすいと言えます。

再熱除湿の電気代を抑える方法は?

電気代が高くつく再熱除湿ですが、電気代を抑える方法はあるのでしょうか?

再熱除湿の除湿効果は20%~30%と高く、設定温度を上げても快適に過ごすことができますので、

  • 設定温度を冷房時より上げる

ことで電気代が節約できます。

最近の新しいエアコンは、再熱除湿を搭載しているタイプが増えてきているようですが、自分の家のエアコンが、再熱除湿と弱冷房除湿のどちらなのかを知りたい場合は、仕様書を確認するか、載っていない場合はメーカーへ問い合わせてみて下さい!

冷房は「自動運転でつけっぱなし」が効果的!

冷房の自動運転は、設定温度まで一気に室温を下げ、その後は、微弱運転や送風運転で室内温度を保つようになっています。無駄な電気代がかからないようになっている為、自動運転でつけっぱなしにするのが一番の電気代の節約になります

自動運転は、風量を「弱」にしたり「強」にしたりと、面倒なことをしなくて済みますし、節約にもなって一石二鳥ですね(^^)

では、「つけっぱなし」は、24時間つけっぱなしが良いということなのでしょうか?

自動運転のつけっぱなしの効果的な使い方とは?

少しの間出かける時

30分程の少しの間だけ出かける場合は、クーラーをつけっぱなしにしておいた方が電気代が節約できる場合が多く、長時間出かける場合は、電源を切った方が電気代が節約できます。

外気温と設定温度の差が大きい時期

クーラーは設定温度に下げる迄の間が一番電気代がかかりますので、外気温と設定温度の差が大きい真夏の日中は、クーラーをつけっぱなしにしておいた方が電気代が節約できます。

逆に、春や秋など外気温と設定温度の差が少ない時期は、エアコンを必要な時だけつけた方が、エアコンをつけっぱなしにするよりも安くなります。

エアコンのつけっぱなしは、状況や時期によって効果が違いますので、賢く使いましょう!

スポンサーリンク

クーラーの最適な温度設定とは?

環境省が推奨するクーラーの温度設定は28℃になっています。

28℃が良いとされる理由は2つあって、1つ目は、

  • 法律で定められた労働環境(17~28℃)を保持しながら最大限省エネに繋がる温度

だからです。

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」と「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」で定められた範囲の室温が17℃~28℃になっていて、その上限となる28℃は、法律で定められた労働環境を保持しつつ、最大限省エネにつながる温度になるんですね。

28℃が良いとされる理由、2つ目は、

  • クーラーの設定温度の適温が28℃

になっているそうです。

エアコンは、外気との差が5~6℃で使うと良いとされているそうです。例えば、例年の真夏の外気は33℃前後が多く、その場合の適温は「33℃ー5~6℃=27~28℃」となり、クーラーの設定温度の適温28℃とピッタリ合っています。

クーラーの最適な温度設定「28℃」には、きちんとした理由があるんですね!

27℃と28℃ではどのくらい電気代が変わる?

28℃がクーラーの最適な温度設定であることはわかりましたが、例えば1℃下げて27℃にした場合、電気代はどのくらい変わるのでしょうか?

環境省によると、夏の冷房時の温度設定を1℃高くすると約13%(70W)の消費電力の削減になるそうです(参照元:環境省「家庭でできる節電アクション」)。

例えば、27℃から28℃に変更した場合は、

  • 年間で30.2kWh節電、約700円の節約

になります。

700円の節約は僅かに感じますが、設定温度を下げれば下げる程クーラーの電気代は上がりますので、28℃で暑く感じる場合は、次に説明する「扇風機とサーキュレーターを併用する方法」がお薦めです!

※関連記事「クーラー病の症状には、発熱・頭痛・めまい・吐き気・下痢・鼻水等がある!?治し方のポイントはこの4つ!

扇風機・サーキュレーターを併用する

クーラー使用時に、扇風機やサーキュレーターを併用することで、ひと夏で1部屋3,000円の節約効果が期待できるそうです!(※参照元:エネチェンジ

扇風機とサーキュレーターは、以下のように使うと効果的です!

  • エアコンの風向きは水平に設定する
  • 扇風機は可能な限り上向きにして回す
  • サーキュレーターは天井に向けて回す

扇風機とサーキュレーターによって空気を循環させることで、風が当たり、設定温度を高くしても涼しく感じることができます!扇風機とサーキュレーターを上向きにすることで、直接風が身体に当たらない為、体を冷やすのも防いでくれて、一石二鳥ですね!

ちなみに、扇風機とサーキュレーターの消費電力は約30W程で、1時間の電気代は約0.75円程になりますので、電気代の心配は必要ないです(^^)

カーテンを閉めておく

夏の昼間にカーテンを閉めておくことで、日照を遮ることができ、部屋の温度上昇を抑えることができます。遮光カーテンや長めのカーテンがより効果的です!

エアコンの掃除をする

エアコンのフィルターが目詰まりしていると、冷房の効果が下がり、無駄な電気を使うことになります。フィルターを掃除することで、冷房時で約4%の消費電力の削減になり、嫌なニオイやカビの発生も防ぐことができます!(参照元:環境省「家庭でできる節電アクション」

フィルターの掃除は「2週間に一回」を目安にしましょう。

エアコンの室外機周辺に物を置かない!

エアコンの室外機の吹出口に物を置くと、冷暖房の効果が下がってしまいます。。。室外機周辺には物を置かず、風通しを良くすることが大切です!

また、エアコンの室外機は40℃を超えるとパフォーマンス能力が落ちてしまう為、直射日光の当たる場所に置いている場合は、スダレ等で直射日光を遮ることで、消費電力を抑えることができます!

古いエアコンを買い換える

古いエアコンを最新の省エネエアコンに買い換えることで電気代が節約できます!15年前のエアコンと最新エアコンとでは、年間18,370円もの電気代の節約効果があるそうです!(参照元:エネチェンジ

エアコンの購入費用を考えても、数年で元が取れそうですので、古いエアコンの場合は、思い切って買い替えてみるのも良いかと思います(^^)

今回のまとめ

★クーラーの電気代の節約方法とは?

  • 弱冷房除湿は冷房よりも電気代が安くなる!
  • 再熱除湿は冷房よりも電気代が高くなるが、除湿効果が高いので、設定温度を上げても快適に過ごしやすい!
  • 冷房は自動運転が効果的!
    • 外気との温度差が大きい真夏の日中は、つけっぱなしが効果的
    • 30分以内の外出時はつけっぱなしが効果的
    • 長時間の外出時は電源を切るのが効果的
  • クーラーの電気代を節約できる最適な温度設定は28℃
  • 扇風機やサーキュレーターを併用する
  • エアコンのフィルターを2週間に1回は掃除する
  • エアコンの室外機の周辺には物を置かず、風通しを良くする
  • カーテンを閉めて日照を遮る
  • 古いエアコンを最新のエアコンへ買い換える

★クーラーの電気代が高くなってしまう使い方

  • こまめな電源のONとOFF
  • 最初から「弱運転」

クーラーは、部屋が涼しくなったら風量を「弱」にしたり、電源を切ってしまいがちですが、自動運転が最も電気代を節約できるんですね!その他にも、エアコンの掃除や室外機の環境、部屋の環境等、エアコンの使い方以外にも節約に繋がるポイントがありますので、暑い夏が来る前に準備をしておくと良いと思います!

また、上記の節約方法以外にも、クーラーの電気代を節約するお薦めな方法として

  • 電力会社のプランを見直す

方法があります。

2016年4月より電力会社を自由に選ぶことが出来るようになりましたので、電気料金の基本となるプランを見直してみることで、電気代の節約に繋がる可能性があります。

電力会社を変更することで、平均、年間18,000円もお得になるという結果が出ているそうです(参照元:エネチェンジ)。是非、お得なプランを比較してみましょう!

クーラーは蒸し暑い日本の夏の必需品です。クーラーと扇風機・サーキュレーターを効率よく使用することで、電気代を節約しながら快適な夏を過ごしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする