個人型確定拠出年金「iDeCo」の3つの大きなメリットとデメリットとは?

2017年1月1日からの法改正で、日本国内に居住している20歳以上60歳未満のほぼ全ての人が利用可能になった「確定拠出年金」とは、一体どのような制度なのでしょうか??名前だけ聞くと、自分には関係のない難しい制度のように感じますが、大きなメリットが3つあり、「何故いままで加入しなかったのだろう??やらないともったいない!」と思う人が多いはずです!(実際に私がそうでした・・・)

確定拠出年金は、掛金を個人で拠出する「個人型」と、掛金は原則企業が拠出する「企業型」に分かれていますが、ここでは、個人型確定拠出年金「iDeCo」についての簡単な説明と3つの大きなメリットとデメリットをお伝えします。

私は、このメリットとデメリットをしっかり理解した上で加入しましたので、今では、将来の老後資金の不安も大きく解消され、加入して本当に良かったと思っています!老後資金を貯めたいと思っている人は、知らないと絶対に損な制度です!

スポンサーリンク

確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは「公的年金だけでは不足する老後の資金作りをするために創設された国の制度」です。

主な特徴

確定拠出年金は、金融機関・積立金額・運用方法を自由に選択することができます。

  • 加入者それぞれの口座に老後資金を積み立てていき、積み立てた資金を個人で運用し、60歳以降に受け取ることができる。
  • 掛金は毎月5千円~千円単位で選ぶことができ、国民年金の被保険者種別、及び他の企業年金の加入状況により、掛金の上限額が異なる。
  • 主な運用商品には「投資信託と定期預金」がある。

確定拠出年金は、運用の仕方によって老後に受け取る金額が変わります。例えば、受取額を積極的に増やしたい人は投資信託を選択できますし、リスクを取りたくない人は定期預金を選択できるので、自分に合った方法で資産を形成していくことができる制度と言えます。

拠出限度額

 確定拠出年金は、国民年金の種別や企業年金の加入状況によって、拠出限度額が異なります。

〈表1〉拠出限度額

  勤務先の年金状況 拠出限度額(月)
第一号被保険者(自営業等)   68,000円
第二号被保険者
(会社員・公務員等)
会社に企業年金がない  23,000円
企業型確定拠出年金あり
他の企業年金なし
 20,000円
企業型確定拠出年金あり
他の企業年金あり
12,000円
企業型確定拠出年金なし
他の企業年金あり
12,000円
 公務員等   12,000円
 第三号被保険者(専業主婦等)   23,000円

表を見てわかるように、自営業・企業年金がない人・専業主婦等、将来の公的年金の受取額が少ない入の拠出限度額が高くなっています。確定拠出年金が老後資金の不足を補う目的で作られた制度であることがよくわかりますね。

税制面での3つの大きなメリット

確定拠出年金は、①積立時、②運用時、③受取時、において、税制面で大きなメリットがあります。この3つのメリットは、老後資金の形成に大きく影響してきますので、是非とも知っていただきたい内容です!

積立時:毎月の掛け金が全額「所得控除」される!

確定拠出年金では、掛け金が全額所得控除される為、所得税と住民税が軽減されます!※下記表2を参照

〈表2〉「所得ごとの節税額一覧」(楽天証券HPより)

※復興特別所得税は考慮していません。
※1 勤務先に企業年金も企業型確定拠出年金もない会社員

収入に応じて減税額は変わってきますが、例えば、課税所得300万円の会社員が毎月2万3千円(年間27万6千円)を拠出した場合、年間5万5,200円が減税されることになります。これは、確定拠出年金の最大のメリットと言えるのではないでしょうか?!

※参考「楽天証券の節税シュミレーション

運用時:運用利益が「非課税」になる!

これは、投資信託で運用する場合に限られますが・・・運用で得たれた利息や配当金等が、運用期間中は全額非課税となり、そのまま次の運用資金として活用できます。通常の運用では、運用利益に対して20%が課税されますので、投資信託で運用される場合は、大きなメリットになります!

受取時:「税金の控除」がある!

積み立てた資金は、年金として受け取る方法と、一時金として一括で受け取る方法がありますが(両方を併用することも可能)、年金で受け取る場合には公的年金等控除の対象となり、一時金で受け取る場合には退職所得控除の対象となるため、どちらの場合も所得税などが軽減されます。

スポンサーリンク

デメリット

ここまで、税制面での大きなメリットを3つ説明しましたが、デメリットもありますので、しっかり理解していただきたいと思います!

原則60歳までは途中で解約して引き出せない!

「60歳まで引き出せない」ことは、確定拠出年金の大きなデメリットと言えるかもしれません。確定拠出年金は「老後の為の資金形成」であることを十分に認識して、無理のない金額で積み立てていくことが重要になってくると思います。

口座管理手数料がかかる

確定拠出年金に加入すると、毎月、口座管理手数料が発生します。(表3を参照)月額で最低でも167円(年間2,004円)の手数料が引かれる為、所得控除のメリットがない方(専業主婦など)の場合は、損をしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 〈表3〉
国民年金基金、信託銀行、運営管理機関への月々の手数料が以下になります。

支払先 手数料
国民年金基金連合会 103/月
信託銀行(事務委託先金融機関)  64/月
運営管理機関(申し込み金融機関) 0~数百円/月
(金融機関によって異なる)
合計 167/月

月々の手数料は最低でも167円します。国民年金基金連合会と信託銀行への手数料は誰でも同じ金額ですが、運営管理機関(申し込み金融機関)への手数料は、各金融機関によって異なる為、手数料が安い金融機関を選ぶことをお薦めします。

※関連記事
個人型確定拠出年金「iDeCo」のお薦め金融機関はどこ?3つのポイントから選ぼう!
派遣社員も個人型確定拠出年金「iDeCo」に加入できる!退職金代わりにしよう!

今回のまとめ

  • 確定拠出年金とは「公的年金だけでは不足する老後の資金作りをする為に創設された国の制度」で、「毎月の掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみ」です。
  • 3つの大きなメリット
    ①年金の掛け金が「全額所得控除」となる!  
    ②運用中の利益が「非課税」となる!
    ③年金を受け取る際に「税金の控除」がある!
  • デメリット
    ①60歳までは原則引き出せない
    ②口座維持手数料がかかる

確定拠出年金にはメリットとデメリットがあり、それらをしっかりと理解した上で加入するかどうかを検討する必要がありますが、60歳までしっかり働いて、老後資金を積み立てて行きたいと考えている人にとっては、とってもお得な制度だと思います!「60歳まで引き出せない」ことは「老後の為にしっかり資産形成ができる」と捉えると、大きなメリットになるのではないでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする