断捨離が簡単にできるやり方と順番とは? 服・食器・本・書類の判断基準を物別にわかりやすく解説!

断捨離には「物を捨てなければならない、難しそう、大変そう」というイメージがありませんか? 

私も実際にそう思っていました^^; でも、実際にやってみると、断捨離は「自分にとって本当に大切なものを残す作業」で「順番とやり方次第で簡単にできる」ということがわかりました(^^) 

更には、「自分が本当にやりたかったこと」に気づくことができ、「自分の内面が大切にしていることも残す作業」だということがわかりました。そして、現在、私は自分のやりたかったことを実行しています(^^)

そこで今回は、「断捨離が簡単にできるやり方と順番」、「服・食器・本・書類の断捨離の判断基準」をご紹介したいと思います。断捨離することを躊躇してしまうのは大変勿体無いことですので、是非この機会に挑戦してみて下さい!

スポンサーリンク

断捨離が簡単にできる「やり方」と「順番」とは?

断捨離を簡単にする為には、まずは「順番」が大切です! 正しい順番を守ることで、断捨離が簡単にできるようになります。

以下は、私が実践している断捨離の順番です。

  1. 断捨離する「場所」を決める
  2. そこにある「全ての物」出す
  3. 「断捨離するもの」と「残すもの」に分ける

まずは、「断捨離する場所を決めて、その場所の断捨離を一気に完結させる」ことがポイントです! 場所の大きさは小さくても良いですので、まずは1つの場所の断捨離を完結させることで、見た目にも現れやすく、達成感や満足感が生まれ、次へのステップになります。

断捨離は決して複雑なものではなく、上記の3つのステップで完結しますので、まずは小さな場所からで良いので挑戦してみて下さい。この3つのステップを各場所毎に繰り返し行っていくことで、いつかは家全体の断捨離が完了できるようになります!

夫々のステップのやり方については、次に、順番にご説明します。

順番① 断捨離する「場所」を決める

まずは、何処を断捨離するか?「断舎離する場所」を決めます。

断捨離する場所の順番は特に決まりはないのですが、

  • 手がつけやすそうな小さな場所から始める

方が、途中で挫折することが無くてお薦めです。

例えば、「下着が収納されている引き出し」や、「机の引き出し1つだけ」でも良いですので、「今日はここを断捨離する!」と決めて、その日のうちに一気に断捨離することをお薦めします。

時間を制限せずにダラダラしていると、時間がかかるだけでなく、モチベーションも下がってしまいます。小さな場所でも一箇所づつ片付いていくことで、前進することができます。

順番② そこにある「全ての物」を出す

断捨離する場所を決めたら、そこにある全ての物を出します。全ての物を出すことで、物の量を把握することができて、必要な物と不要な物を見分けやすくなります。

順番③ 「断捨離する物」と「残す物」に分ける

全ての物を出したら、それらを「断捨離する物」と「残す物」に分けていきます。

「断捨離する物」と「残す物」の判断基準は、以下の2つです。

  1. 好きか?嫌いか?
  2. 使っているか?使っていないか?

まずは、一番わかりやすい「好きか?嫌いか?」で判断します。

「嫌いな物」は、迷わず断捨離して下さい! 例えば、嫌いだけれど必要なものがあれば、新しく気に入る物を購入することをお薦めします。嫌いな物を使っていると、精神的に良くありません。

そして、「好きでも嫌いでもない物」は、「使っているか?使っていないか?」で判断します。例えば、2年に1回でも定期的に使っていて、必要なものであれば残す物になりますし、数年間使っていない物は、無くても大丈夫なものになりますので、断捨離する物になります。

最後に、「好きな物でも使っていない物」は、思い切って処分することをお薦めします。そうすることで、「好きな物で使っている物だけが残る」ようになります(^^)

以上が、断捨離を簡単にする順番とやり方でした!

以降は、服・食器・本・書類の断捨離の判断基準を具体的にご紹介しますので、是非参考にして下さい!

服の断捨離の判断基準

まず最初は、女性にとって大切な「服」の断捨離の判断基準をご紹介します。

服を断捨離する際の判断基準も、基本的には、

  • 好きか?嫌いか?
  • 使っているか?使っていないか?

になりますが、服の断捨離に適した、より具体的な判断基準をご紹介します!

以下が、私が実践している服の断捨離の判断基準になります。

★服の断捨離の判断基準

  1. 傷や汚れがないか?古くなっていないか?
  2. 好きか?嫌いか?
  3. 着ているか?着ていないか?
  4. サイズが合っているか?着やすいか?
  5. 似合っているか?
  6. 着回しやすいか?

服を断捨離する際には、勿体無いからとか、また着れそうだから等と言った理由で、なかなか決められないものですので、上記のような具体的な判断基準があれば決断しやすくなると思います。

次に、夫々の具体的な判断方法をご説明していきます。

① 傷や汚れがないか?古くなっていないか?

まず最初に、「服に傷や汚れがあったり、古くなっている場合」は、たとえそれがお気に入りの服でも、思い切って断捨離することをお薦めします。今までお世話になったことに感謝して処分すれば、また新しい素敵な服との出会いがやって来ます!

② 好きか?嫌いか?

次に判断する基準が「好きか?嫌いか?」になります。

人には好みがあります。特に服の場合は、自分が好きな服を身につけることで気分が明るくなりワクワクします(^^) 「好きか?嫌いか?」で判断して、嫌いな服は迷わず処分することをお薦めします! 判断に迷う場合は、「来シーズンも着たいと思うか?」で判断してみて下さい。

高かったから勿体無い・・・などと断捨離するのを躊躇してしまうかもしれませんが、自分が着たいと思わない服を置いておくことは、スペーズの無駄になるだけでなく、ストレスの原因にもなってしまいます。たとえそれが必要な服であったとしても、新しく別の服を買うことはいつでもできますので、先のことを心配せずに嫌いな服は清く処分しましょう!

③ 着ているか?着ていないか?

次に考える判断基準は、「着ているか?着ていないか?」です。

具体的な目安としては、冠婚葬祭等の頻度が少ない服を除いては、「昨シーズンと今シーズンと2シーズン以上着ていないもの」は迷いなく処分することをお薦めします! 2シーズン以上着ていないということは、それ程気に入っていないか、合わせにくい等、何か理由があるはずです。

その際、「何故着ていないのか?」を考えてみると、今後の服選びの際に役立ちます。例えば、見た目が気に入って買ったけど、洗濯しずらい、着にくい等・・・何か理由が見つかるはずです。そして、洗濯しずらい物は今後買わないようにすることで、今後不要な服を買わなくて済むようになります。

④ サイズが合っているか?着やすいか?

次の判断基準「着やすいか?サイズが合っているか?」は、先程の「着ているか?着ていないか?」と関係しています。例えば、服のサイズが小さすぎる等、サイズが合っていないと、服が着にくい為、気に入って買ったものでも段々と着なくなってしまいます

私もよく失敗することなのですが^^;、着ていて窮屈だったり、インナーが見えやすかったり等、着いくい服は、着る頻度が下がってしまいます。そのような着にくい服は迷いなく断捨離することをお薦めします!

また、着にくい服には理由が必ずありますので、何故着にくいのか?を考えて、次回からはそのような服を買わないように気をつけることで、同じような失敗がなくなります(^^)

⑤ 似合っているか?

次の判断基準は「似合っているか?」です。
気に入ってよく着ている服でも、似合っていなければ、見た目的に損をしてしまいます^^;

似合っているか?を判断する為には、

  • 服を着た全身写真を撮る

ことをお薦めします!

全身鏡の前に立つだけでも良いのですが、写真に撮って見る方がより効果的です! 客観的に自分自身を見ることで、意外に印象が良くなかったり、バランスが悪いことに気づくことが多いです。もし似合っていれば、今後も自信を持ってその服を着ることができますので、是非一度試して見てください!

⑥ 着回しやすいか?

服の断捨離の最後の判断基準は「着回しやすいか?」です。

着回しやすいか?を判断する為には、

  • 1週間のコーディネートをシュミレーションしてみる

ことをお薦めします! 

実際にシュミレーションをしてみることで、この服は着回しやすい、この服は手持ちの服と合わせづらい等、更に断捨離すべき服がわかってきます。着回しやすい服を残して、着回しにくい服は清く断捨離することで、「好きで着回しやすい服だけが残る」ことになります。

以上が服の断捨離の判断基準になります。

もし、どうしても服を捨てることに躊躇する場合は、人に服を譲ったり、リサイクルショップやフリマで服を売却することを薦めします!

今まで着ないまま眠っていた服は、今後着ることはまず無いですし、着ない服がクローゼットで眠っていることの方が勿体無く服も可愛そうです。不要な服を人に譲ったり売却することで、誰かが使ってくれれば勿体無いが無くなりますし、お小遣い稼ぎもできて一石二鳥です(^^)

尚、服の断捨離の順番とやり方、処分方法については、こちらの記事に夫々詳しく載せていますので、是非参考にしてみて下さい。⇒ ※関連記事「失敗しない服の断捨離の順番とやり方とは?4つのコツと効果をご紹介!」、「断捨離する服のお薦めな捨て方とは?リサイクルショップを利用する方法など4つの処分方法をご紹介!

食器の断捨離の判断基準

続いては、「食器」の断捨離の判断基準をご紹介します。

食器の断捨離も、基本的には、

  1. 好きか嫌いか?
  2. 使っているか?使っていないか?

で判断しますが、食器の断捨離に適した、より具体的な基準をご紹介します!

以下が、食器の断捨離の判断基準になります。

★食器の断捨離の判断基準

  1. 欠けたり割れたりしていないか?
  2. 好きか?嫌いか?
    (割れてもまた買いたいと思うか?)
  3. 使っているか?使っていないか?
    (1年以内)
  4. 使いやすいか?使いにくいか?
    (洗いにくい、大きさが中途半端等)

① 欠けたり割れたりしていないか?

まず最初に、見た目で判断しやすい「欠けたり割れたりしてる食器」は、迷いなく断捨離するようにしましょう! 欠けたりしている食器を置いておくと、怪我の元になってしまいます。

② 好きか?嫌いか?

次の判断基準は、「好きか?嫌いか?」になります。

もし、判断できない場合は、「割れてもまた買いたいと思えるか?」で考えると判断しやすいかと思います。嫌いでない食器は沢山あっても、割れてもまた買いたいと思える食器は数少ないと思います。

③ 使っているか?使っていないか?

普段用の食器で1年以上使っていない食器は、迷わずに断捨離することをお薦めします。使い勝手が良くない、見た目が良くない等、何か使わない理由が見つかるはずです。

一方、お客様用に置いてあるような食器は、1年以上使っていない場合でも、定期的に使う場合は残しておいて良いと思います。また、お洒落な食器の場合は、応接室など見える場所にディスプレイしておくのもお薦めです。

④ 使いやすいか?使いにくいか?

食器の断捨離の最後の判断基準は、「使いやすいか?使いにくいか?」です。

例えば、お皿が大きすぎて洗い物がしずらい、サイズが中途半端で使いにくい等、使いにくい食器は、使う頻度も減ってしまいます。使いやすい食器を残すようにして、使いにくい食器は思い切って処分することをお薦めします。そうすることで、「お気に入りで使いやすい食器」だけが残るようになります。

服の断捨離の判断基準は以上になりますが、もし、マグカップなど同じ種類の物やよく似たタイプの食器がいくつも残った場合は、できるだけ最小限に絞ることをお薦めします!

スポンサーリンク

本の断捨離の判断基準

続いては、本の断捨離の判断基準をご紹介します。

本を断捨離する判断基準も、基本的には

  • 好きか嫌いか?
  • 使っているか?使っていないか?

になりますが、本の断捨離に適した、より具体的な判断基準をご紹介したいと思います。

「残す本」の基準

まず先に、「残す本の基準」からご紹介します。

私が、残す本の基準にしていることは、以下の3つです。

★残す本の基準

  1. 今でも何度も読み返している現役の本
  2. 時々読む教科書的な本
  3. 持っているだけで幸せになれる本

好きな小説など「今でも読み返している本」や、精神論が書いてあるような「時々必要になる教科書的な本」は、残すようにしています。そして、「持っているだけで幸せになれる本」は、読んでいなくても、自分の気持ちを高めてくれるアイテムとして、部屋に飾ってインテリアとして現役で使っています(笑)

ちなみに、私はフィギュアスケーターの浅田真央さんが大好きなので、浅田真央さんの写真が載っている本を部屋に飾って毎日見ています(^^) 中身は今は読んではいないのですが、本の中の写真は今でも良く眺めています!

本は、読むためだけではなく、「絵」のように見ることができますので、お気に入りの本があれば是非試してみて下さい。毎日見る場所へ置いておくと、テンションが上がってお薦めですよ(^^)

「断捨離する本」の基準

次は「断捨離する本」の基準をご紹介します。
私が本を断捨離する時は、以下の基準でしています。

★断捨離する本の基準

  1. 買ってから一度も読んでない本
  2. 途中まで読んでそのままにしている本
  3. 最後まで読んだが今は読み返していない本

「買ってから一度も読んでいない本」や「途中まで読んでそのままにしている本」は、「今は読んでいない本=使っていない」と判断しています。そして「最後まで読んだが読み返していない本」も、「買った時は読んだが今は読んでいない=使っていない」になりますので、役目が終わった本として手放すようにしています。

その他にも、①内容や情報が古くなっている本(地図や旅行本など)」、②活用していない料理本や参考書、③結局手をつけていない資格等の教材本も、断捨離するようにしています。

今は活用していない本を断捨離することで、新しく必要な本が入ってくるようになりますので、本の循環を良くする為にも、不要な本は思い切って断捨離することをお薦めします。

尚、本を捨てることに抵抗がある場合は、古本として売ったり、図書館へ寄付することをお薦めします。他の人が読んでくれることで本が無駄にはなりませんし、気分的にも本を手放しやすくなると思います。

書類の断捨離の判断基準

最後に、書類の断捨離の判断基準をご紹介します。

書類の断捨離の判断基準は、基本的には、

  • 使っているか?使っていないか?
  • 保管しておく必要があるか?ないか?

で判断しています。

とは言っても、その判断が難しいのが書類の断捨離ですので、具体的に、「残すべき書類」と、「断舎離しても問題のない書類」に分けてご紹介します。

残すべき書類

残すべき書類は、基本的には以下の2種類になります。

  • 使っている書類
  • 保管しておくべき書類
    • 保険証書、賃貸契約書など
    • 家具・家電の保証書(有効期限内のもの)
    • 確定申告などに提出する書類
      (収入証明書・保険の控除証明書・医療費の領収書など)

「使っている書類」には、仕事やセミナー等で使っている資料などが当てはまります。もう1つの「保管しておくべき書類」には、保険証書・契約書・保証書・収入証明書・保険の控除証明書・医療費の領収書等、使っている書類ではないですが、保管しておく必要がある書類が当てはまります。

断捨離しても問題のない書類

一方、処分してしまっても問題のない書類には、以下のようなものがあります。

  • パンフレットやチラシ
    ⇒ 情報が不要になったら処分する
  • 名刺
    ⇒ 必要なものだけ記録に残しておく
  • 年賀状
    ⇒ 住所録として必要な場合は1年分の年賀状を保管しておけば大丈夫
  • 家電の取扱説明書
    ⇒ ネットで調べるかメーカーへ問い合わせる
  • クレジットカードの利用明細
    ⇒ 家計簿につける
  • 使用済みの通帳
    ⇒ 銀行に履歴が残っているので必要な時は確認できる

書類を断捨離する際は、捨ててしまって困らないか?と考えてしまいますが、上記のような書類は、無くてもなんとかなるものばかりです。例えば、家電の取扱説明書も、メーカーへ問い合わせたり、ネットで情報を調べることができますので、頻繁に使う取扱説明書ではない限り、処分してしまっても困ることはまずないと思います。

無くてもなんとかなる書類」は、思い切って処分することをお薦めします!

今回のポイント

★断捨離が簡単にできる「やり方」と「順番」

  1. 断捨離する「場所」を決める
  2. そこにある「全ての物」を出す
  3. 「断捨離するもの」と「残すもの」に分ける

★服の断捨離の判断基準

  1. 傷や汚れがないか?古くなっていないか?
  2. 好きか?嫌いか?
    (来シーズンも着たいと思うか?)
  3. 着ているか?着ていないか?
  4. サイズが合っているか?着やすいか?
  5. 似合っているか?
  6. 着回しやすいか?

★残す本の基準

  1. 今でも何度も読み返している現役の本
  2. 時々読む教科書的な本
  3. 持っているだけで幸せになれる本

★断捨離する本の基準

  1. 買ってから一度も読んでいない本
  2. 途中まで読んでそのままにしている本
  3. 最後まで読んだが今は読み返していない本

★食器の断捨離の判断基準

  1. 欠けたり割れたりしていないか?
  2. 好きか嫌いか?
    (割れてもまた買いたいと思うか?)
  3. 使っているか?使っていないか?
    (1年以内)
  4. 使いやすいか?使いにくいか?
    (洗いにくい、大きさが中途半端等)

★残すべき書類

  • いま使っている書類
  • 保管しておくべき書類
    • 保険証書、賃貸契約書など
    • 家具・家電の保証書
    • 確定申告などに提出する書類

★断捨離しても問題のない書類

  • パンフレット、チラシ、
  • 名刺、年賀状、
  • 家電の取扱説明書、
  • クレジットカードの利用明細、使用済みの通帳など

今回は、「断捨離が簡単にできるやり方と順番」、「服・食器・本・書類の断捨離の判断基準」をご紹介しました。

もし、どうしても断捨離したくない物がある場合、例えば、思い入れのある物などは、「写真に撮って思い出を保管しておく」方法もありますし、断捨離せずに置いておく方法もあります。何度か断捨離を繰り返し行っていく内に、以前まで処分できなかった物でも、処分したくなる時が来ますので、自分のペースで無理のない範囲で断捨離していくことをお薦めします!

また、断捨離は日々継続していくものですので、普段から「無駄な物を買わない」、「不要な物は捨てること」を意識して、物が増えないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする